交通事故過失の仕組み

人身、また車対車の物損事故などで補償問題に大きくかかわってくるのが過失割合です。
慰謝料など損害賠償に大きくかかわってきますし、裁判となった場合にも争点となります。
過失割合は事故の状況、また過去の同じような交通事故の判例に基づき決定します。
過失割合は保険会社が決めるのではなく、示談交渉上で被害者側、加害者側双方が話し合い、お互いに納得して決定します。
最悪、示談交渉で割合が決まらない場合、裁判にまで発展する可能性もあります。

交通事故が発生し、警察に届け出を行い、任意保険に加入していれば保険会社が示談交渉等に当ります。
この段階では保険会社と被害者の方が話し合いを行い過失割合が決定しますが、保険会社としては自分の保険に加入している方の過失を少しでも低くしたいため、少しでも被害者の過失を求めようとする傾向にあります。
そのため、示談交渉がうまくいかず決裂すれば最終的に裁判となってしまう事もあります。

警察が決定するのでもなく、保険会社が何かの規定に沿って決定するのでもなく、あくまでも基本的に被害者と加害者の話し合いによって決まるという仕組みになっていること、また過失割合は慰謝料などの損害賠償の金額を大きく変える事にもつながります。
仮に納得できない割合となりそうな場合、法律の専門家に相談する事も必要です。

知識を持っていないと自分の過失の割合が高くなり、結果的に支払わなくてもいいお金を支払う事にもつながります。
当サイトは過失割合に関し、納得がいく示談交渉となるよう、過失割合に関して知識を得る場所としていただきたいと願っております。
交通事故を起こし加害者となった場合、その交通事故に対し民事、刑事、行政上の責任を負います。
これは自動車を運転するものとして当然の義務で法律によって定められていますので、しっかり責任を果たす必要があります。

自動車を運行する場合、その車には自賠責保険という保険が掛けられているはずです。
この保険は強制保険で法律によって加入が義務付けられているため、未加入の場合罰せられます。
自賠責保険は自動車の運行により他人を死傷させた場合、つまり人身事故の損害について賠償されるものなので物損事故は対応できません。
車が壊れても人の家のブロック塀や壁、電柱やガードレースなどを破壊しても保証されませんし、自賠責は傷害の限度額が1名につき120万円と決まっているため、足りない分を補填するという事で多くのドライバーが任意保険に加入しています。

任意保険に加入している場合、通常、交通事故の対応は自動車保険会社が動きます。
初動から相手の医療費の支払いや示談交渉など、事故に関わる事をすべて行うため、慰謝料に関しても保険会社もしくは保険会社が依頼した弁護士等が行います。
任意保険に加入している場合、交渉事など事故に関わるほとんどを保険会社が行いますが、任意保険に加入していないという場合、慰謝料の対応についても自分、若しくは弁護士等に依頼し行ってもらう必要があります。



[Special Link]
交通事故の対応などの相談を無料で出来るサイトです ⇒ 交通事故の相談